一期一会を大切に。

離婚問題

離婚問題についてこんなお悩みはありませんか?
  • 離婚を求められたが、離婚したくない。離婚をしたいが相手が応じてくれない。
  • 夫(妻)が浮気をした。浮気相手に慰謝料請求をしたい。
  • 慰謝料を多額に請求されたが、支払いに応じるべきだろうか。
  • 夫婦の共有財産が不明確で、財産分与の話し合いがまとまらない。
  • 親権を獲得したいが、経済的な不安があり、認められないのではないか。
弁護士へ依頼するメリット
  • 慰謝料については、婚姻年数・離婚原因・有責性などに基づいた客観的な相場をお示しし、双方の納得を図ります。
  • 夫婦間の共有財産については、その対象を詳しく調べた上で、今後の生活扶助を考慮した分割案をご提示いたします。
  • いずれにしても、固有の事情や主張に留意することが大切であり、将来の生活やバックグラウンドまで踏み込んだアドバイスを行います。

子どもの問題

親権は母親に認められることが多いですが、父親の面会交流も子どもの健全な成長のために重要であり、親権を有しない側は当然に要求すべきです。

特に、お子さんが中学生になるまでの期間が大切とされ、この時期に親子の絆が固く結ばれれば、それ以後は自分の意思で会うようになっていくことでしょう。

金銭の問題

離婚の際には、慰謝料、養育費、財産分与といった金銭の問題が伴います。

このうち離婚後に分割される財産は、婚姻生活中に共同で築き上げてきたものに限られます。専業主婦で収入がない場合であっても、家事によって夫の労働を支え、夫婦の財産形成に貢献したと考えることが一般的ですので、原則として2分の1ずつと決められることが多いです。


また、離婚後の経済状態に不安がある場合には、今ある財産を分けるという財産分与ではなく、将来の一定期間生活を援助する扶養的な財産分与も認められています。

DV問題

配偶者の暴力に身に危険を感じる場合、ご相談ください。

配偶者暴力相談支援センター又は警察署(生活安全課等)に相談に行った上で、裁判所に保護命令を出してもらうためのアドバイスをいたします。

また、弁護士が窓口となりますので、さらなる被害を防ぐことができます。

メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら
初回60分無料相談受付中 お問い合わせはこちら ネット記事弁護士相談室 弁護士ブログ よくある質問・Q&A 解決事例