一期一会を大切に。

交通事故問題

交通事故問題についてこんなお悩みはありませんか?
  • 保険会社から提示された金額は適正な金額なのか確かめたい。
  • 相手の主張する事故態様が自分の言い分と違う。
  • さしあたり、まとまったお金を保険会社から先にもらいたい。
弁護士へ依頼するメリット
  • 事件解決までの流れを、依頼者の立場になってアドバイスいたします。弁護士なら、事故態様や傷害の程度に応じたきめ細かな対応が可能ですので、適切な見通しが立てられます。
  • 後遺障害の等級認定を得ているケースでは、裁判基準が保険会社の提示額より高額になるのが通例ですので、弁護士に依頼した方が、明らかにメリットがあります。
  • 事故の過失割合については、別冊判例タイムズの過失相殺率の基準というものが一応の基準になりますが、この基準と当該事案との違いを見つけ出し、依頼者に有利な過失割合を説得的に主張していきます。

交通事故に遭った場合の対処

まずは、警察と保険会社に連絡を取るようにしてください。警察の捜査はずさんな場合がありますので、事故現場の写真をたくさん撮っておくと、後々有利な証拠となるかもしれません。

また、弁護士費用等補償保険が付いていれば、弁護士費用の心配をせずに(通常300万円以内)、弁護士に依頼することができます。特に被害者に責任が全くない「もらい事故」などでは、保険会社が被害者に代わって相手方と交渉をすることができないので、有効です。

示談交渉について

保険会社の算定基準よりも弁護士が行う裁判基準の方が、被害額算定は高額になります。
このことを知っておいた上で、保険会社からの提示額に不満を感じる場合は、ぜひご相談ください。ご自分で行うよりもスムーズに交渉を進めます。

また、後遺障害等級の認定が出ている場合に、さしあたりお金が必要なときには、自賠責保険から先にまとまった金額の保険金を受け取ることも可能です。

調停・訴訟について

高額の損害賠償請求事件や後遺障害の等級が認められるケースについては裁判にゆだねることが多いようですが、後遺障害の等級によっては、裁判で争っても対費用効果が望めない場合があり示談や調停で早期に終了させたほうが良いこともあります。

弁護士であれば最終的な見通しを踏まえて適切な判断をすることが可能です。

 

メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら
初回60分無料相談受付中 お問い合わせはこちら ネット記事弁護士相談室 弁護士ブログ よくある質問・Q&A 解決事例